【謝罪会見】宮迫博之が語る真実!吉本興業 社長のパワハラ発言「お前ら全員クビな?」

2019年7月25日

7月20日の15時~
雨上がり決死隊 宮迫博之さんロンドンブーツ1号2号 田村亮さんが謝罪会見を開きました!

その謝罪会見の中で衝撃の事実がどんどん明らかにされています。
その中で衝撃すぎたのが謝罪会見をするなら・・・の社長の言葉です。

宮迫さんが語った真実を今回は記事にしてみました。

宮迫博之が語った真実

まずは宮迫さんがFriday(フライデー)から直撃を受けたようです。

反社会勢力のパーティーに参加しましたか?そこで出演者全員100万円うけとったんですか?
と聞かれ、
5年ほど前ということで全く記憶になく、写真を見せられて自分で確認しても思い出せなかったそう。

そんな100万みんながもらえるようなことがあるわけがない。なんなのその記事?分からないから会社に言ってくれ。

と言いのけて帰ったそうです。

自分でも全く記憶になかったのであんな記事掲載出来るわけがない。
と高を括っていたそうです。

記者から「カラテカの入江さんの紹介で~・・・」と聞いていたので帰宅後入江さんに確認の電話をしたところ
入江さんも記憶になかったようです。

しかし、メンバーを伝えると入江さんは思い出してきたみたいで、
宮迫さんは入江さんに
反社会勢力との付き合いがあるんか?」と聞くと「ないです。
と答えたそうです。

そして「じゃあ大丈夫やろ。」と言って電話を切りました。

しかし、次の日、入江さんから電話がかかってきました。
お金のことは言わなくていいんですか?」と聞かれました。

宮迫さんは当時その会合に参加していたメンバーを見て
お車代程度やろ。」と解釈し、「大丈夫やろ。俺はもろてたんか?」と聞くと
もらっています。」と答えられたので
でも、そのお金、そのあとの忘年会に使ってくれってお前に託したよな?
と言うと「そうです!」と答えられたので
じゃあ。俺はもらってないだろう。ほかの人間はお車代程度だろう・・・。
と考えたので
もらってないでいいやろう。他のメンバーや会社にもそう言ってくれ。
と指示を出したそう。

その二日後、入江さんから電話で「解雇されました。」と連絡をうけました。
その時宮迫さんは「こんなことで!?」と思ったそうです。

更に3日後、フライデーが発売され、自分が思っていたより大ごとになってしまい怖くなってしまいました。

その次の日、亮さんから電話があったそうで、その時に亮さんは宮迫さんに
お金のこと、言いましょう。」と伝えたそうですが宮迫さんは

保身のことが頭に残っていたようです。
亮さんに「いくらもらったんだ?」と聞くと「50万です。」と答えが返ってきて
俺はいくらもらったんだ?」と聞くと「100万です。」との返事・・・。

でもおれは、そのお金もらってない。打ち上げ代になったんやろ?」と聞くと
宮迫さんをそのおつりを受け取っていました。」とのこと・・・!

さすがの宮迫さんもこれは言わなければいけないと思ったそうで、会社に行く決心をしました。
6月8日レイザーラモンHGさんとガリットチュウ福島さんとよしもとの弁護士さんと社員さん、宮迫さん、田村亮さんの
8人で会社に向かいました。

「お金をもらいました。」と吉本興業が発表したのは24日
かなりの間があります。

なぜなのか・・・

今更そんなのひっくり返せませんよ!」という会社側の見解があったからだそうです。
どれだけの騒動になるのか、どれだけの人に迷惑をかけるのか・・・そう考えると怖くなったそうです。
そして、会社の答えは「静観でいきましょう。」だったのです。
それに、4人も納得してしまったようです。

しかし、その後日が過ぎていくうちにどんどん大きな問題になる・・・。
その際にメディアでの「詐欺被害者から奪い取った金をギャラとして受け取っているんではないのか・・・?」という見解を目にして
自分の中で情けなく申し訳ない気持ちになってきたそうです。

何度もよしもとの社員に「言った方がいいのでは・・・。」と言ったが会社側は「静観です。」としか答えられなかったそうです。

そして、24日、全員に謹慎が言い渡されました。

その時に亮さんが「記者会見をやらせてください。真実を伝えさせてください!」と言ったところ拒否されたそうです。

更に亮さんが「辞めてでも、僕一人でも会見をさせてくれ!」と言うと吉本興業の社長である岡本さんが
お前ら外にでろ。」と社員や弁護士を外に出したそうです。

そして、宮迫さん、亮さん、ガリットチュウ福島さん、レイザーラモンHGさん、岡本社長の5人になりました。

まず最初に岡本社長が放った言葉は「お前らテープまわしてないやろな?」の一言です。

そして・・・

亮、ええよ。お前辞めて一人で会見したらええわ。やってもええけどほんなら全員連帯責任でクビにするからな?
それでもええんやったら記者会見やれ。俺にはお前ら全員クビにする力があるんや。

と・・・そう言われたそうです。

全員何も言えなくなったそうです。

そして謹慎期間に入りました。

その間も色んな番組で、先輩や後輩や仲間たちはつらい思いをしながら宮迫さんたちに対するコメントを発言・・・。

それを見ていてやはりだめだ。もう一度会社に引退してでも記者会見をさせてくれ!と何度も連絡したそうです。

しかし、7月7日に「引退するなんて言わないでください。話をしましょう。」

と言われて7月8日によしもとの会社に出向き、宮迫さんは
僕が引退して全責任を負うので引退会見としてでも謝罪させてほしい。」と告げると

「引退はさせない。謝罪会見はさせてやるか期間はこちらが設ける。」との回答。

しかし、宮迫さんは「今すぐにでもしてください!」と言うと

だめだ。期限はこちらで決める。」とひたすら返ってくるだけ。

最後に宮迫さんは「僕ら以外の芸人の謹慎期間は短くしてくれ。」と嘆願すると「分かった。」と言われたそうです。

2人は結局うやむやにされて謝罪会見させてもらえないんじゃないか・・・と心配になり弁護士をたてて、弁護士を通じて会社との交渉に応xじることにしたそうです。

そこからやっと話は進展し、期間も近日中にという方向性に向かっていたそうです・・・

が、そこから事態はいきなり急変します・・・。

7月18日・・・弁護士に書面で宮迫さんと田村さんの引退会見をするか、二人との契約を解除するかのどちらかの選択をしてください
と送られてきたそうです・・・!!

意味が分かりません・・・。
引退などなく謝罪会見をさせてもらえると思っていた二人は混乱しました。

社長とお話がしたい・・・。と思い一旦弁護士との契約を解除し、岡本社長と話しをさせてくれと頼んだが
よしもと側の弁護士としか会えなかったそうで
どちらかの決定をしていただかないといけません。」と言われ
岡本社長と話しをさせてくれ。」とお願いするも拒否され、

分かりました。じゃあ僕(宮迫)一人の引退会見にしてくれ。それで僕が全責任を負いますので!
と言うと「言うだけ言っておきます。」との回答・・・さらに

記者会見をやるなら明日の12時に行います。2時間後からこちらが考えたQ&Aの練習をしたいと思いますので、引退会見をするのなら2時間後にこちらに戻ってきてください。」とだけ言われました。

会社を出て二人で相談・・・

当初言われていた謝罪会見ではなく、会社の言われた通りにやる引退会見・・・そうなるくらいならば会社をやめて、自分たちで・・・
という決断をし、今回の会見を行ったそうです。

まとめ

いや・・・なんというか。岡本社長の言葉・・・すべてパワハラじゃないんですか?
記者会見全て見ましたが今回の闇営業の反社会勢力の集団ってよしもとのスポンサーでもあるそうです・・・。
ってことは・・・?これから吉本興業が大きくニュースになりそうですね・・・。
僕は二人とも大好きですし、お二人のメインの番組である「アメトーーク!」や「ロンドンハーツ」も大好きです。
出来たら芸能界に帰ってくる日がきたらいいな。と思いますし、世の中もそういう雰囲気の方が大勢ですよね。
お二人がこれからどのような活動をするのかも注目ですね。

Posted by kyama28