【YOSAKOIさせぼ祭り】2019年の日程と駐車場や見どころ

お祭りが大好きな人に見逃せないのが、YOSAKOIさせぼ祭り。
長崎県の佐世保市で行われるお祭りで、九州では大きな祭りのひとつと言われているんですよ。(^^♪
どんなお祭りなんでしょうね。
ということで、今回はYOSAKOIさせぼ祭りってどんな祭り?、2019年の日程や見どころ、駐車場や交通アクセスについてまとめました。
では、早速ご覧ください。

YOSAKOIさせぼ祭りってどんな祭り?

お祭りといえば、夏に開催するイメージですが、秋もいろいろな地域でお祭りが行われているんですよ。♪
このお祭りは、佐世保市の街を繁栄させようと始まったもので毎年、たくさんの人でにぎわいます。
1997年に佐世保市が、北海道のYOSAKOIソーランまつり祭りや高知のよさこい祭りに刺激を受け、真似て始まったとされています。

始めてのお祭りは、参加チームが6チームでしたが、現在では約170チーム、約7,000人の踊り子が参加する大きなお祭りとなったんですね~。

参加チームは日本だけではなく、海外からの参加者もいるそうですよ。
大規模に発展したこのお祭りは、「日本三大よさこい祭り」と呼ばれるようになり、お祭り期間は町が熱気で溢れています。(^^)/

お祭りですが、1日で終了するのではなく、前夜祭、本祭1日目、本祭2日間の3日間に分かれて行われます。

会場も市内に約14か所あって、各会場で盛り上がりを見せています!

2019年の日程や見どころは?

YOSAKOIさせぼ祭りに魅力は、何といっても迫力のある音楽に合わせて踊る「よさこい踊り」と言えるでしょう。

今年のテーマは「“真祭”〜新時代へのEVOLUTION〜」で、観る人、踊る参加者、地域の人々など、よさこい祭りに関わる人々との繋がりを大切にしたいという願いが込められたテーマになっています!

素晴らしいですね!今年はどんな「YOSAKOIさせぼ祭り」になるのか今から楽しみです。(^^)/

子どもから年配の方まで元気に踊る姿を見ると、こちらまでエネルギーが充電されますよね。
たくさんのよさこいチームが参加するので、ひとつではなくそれぞれに違った演舞がみられるのも見どころのひとつといえます。(^^♪

ところで、毎年10月中旬から下旬頃に行われるYOSAKOIさせぼ祭りですが、今年はどのような日程になっているのでしょうか?

日程:2019年10月18日(金)・19(土)・20(日)
10月18日(金):キッズタイム12:00〜14:00 前夜祭 17:00〜21:00
10月19(土):本祭1日目 9:00〜20:00
10月20(日):本祭2日目 9:00〜20:00

開催場所:長崎県佐世保市街地一帯
会場は各市内に散らばっているので、それぞれの会場はホームページで確認してくださいね。(^^♪

メイン会場:名切公園(名切お祭り広場)

駐車場や交通アクセス

冒頭でも書きましたが、会場は市内各所にあるので、行きたい会場を確認してから向かいましょう。

ここではメイン会場となる名切公園までの行き方を紹介します。
・メイン会場の名切公園(名切お祭り広場)
佐世保駅前からバスで約6分、松浦町中央公園口で降りて、徒歩約3分のところにあります。

・駐車場

行きたい会場が数ヶ所ある場合で、距離があると車で移動した方が楽ですよね。
公式では駐車場情報は載っていませんでしたが、目的の会場が分かれば早めに駐車場を予約するのも可能ですよ。
そういう時は、駐車場を予約できるサイトを使うと便利ですよ。
akippaとは?
個人が持っている駐車場や空きのある駐車場を利用できるシステムで、前もって予約・支払いをすることで当日になって、駐車スペースに悩むことがありません。
予約はパソコンやスマホのオンラインで簡単にできちゃいます。
ご予約はこちらから出来ます♪


まとめ


今回はYOSAKOIさせぼ祭りってどんな祭り?、2019年の日程や見どころや駐車場、交通アクセスについて紹介しました。
地域によってお祭りの特徴は違いますが、街のあちこちでよさこい踊りが見られるのも良いものですね。(^^♪
踊りはひとつだけではないので、観て聞いて楽しめるに違いありませんよ。
ハウステンボス会場もあるので、よさこいの演舞を観たあとで観光地を巡っても楽しいですね。

Posted by kyama28